OKASHIYAのお菓子ばなし

No.2 バターガレット


ガレットは『丸い薄く焼いたもの』
という意味のフランス語。
世はクッキーなんですけど、
ちょっとおしゃれに言った感じです。

以前、仕事でフランスの地方をまわって
ガレットを沢山食べました。
その時、ガレットに限らず、サクッとした
お菓子の決め手はバターなんだなぁ…と
思った事があります。

フランスは酪農が盛んで牛が沢山いるので
良質なバターが安く手に入ります。
なので、フランスのスーパーには
エシレやヴォルディエなどの名だたるバターが
本当に安く売っていました。
『あぁ、そうか、マーガリンではなくて
全部バターだからフランスのお菓子は
こんなに美味しいんだなぁ』と
改めて実感した経験がありました。

日本ではバターはなかなかの高いもので、
量産して買いやすいお菓子をつくっている会社では
全部バターでお菓子をつくる事はとても難しい事ですが、
こうゆう個人店のお菓子屋だからこそ、
バターをたっぷり使った素朴で美味しいものをつくろう
と思いました。

このバターガレットは、本当にシンプルな材料だけで
つくっています。
片手で数えられるくらいの、笑。
なので、なおさら素朴が大事なんですね。

バターガレットにつかっているバターは、
口当たりが軽くあっさりとした後味の
ものをつかっています。
そのおかげで重すぎず、だけど味わい深い
ガレットができました。

OKASHIYAはアイシングマなど可愛い
キャラクターも出てくるわりには
スパイシーなナッツやちょっと大人向けのお菓子もある
ラインナップになっているんですが、
このバターガレットは大人から子供まで
幅広い方に食べていただけるクッキーかなぁと
思っています。
シンプルで味わい深く、長く愛される
お菓子になって欲しいなぁと思っています。

OKASHIYAの定番